ハピラキ星人、波に乗る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2018年8月19日日曜日。晴れ。

ハピラキ星人だ。

目が覚めたら、知らない場所にいたぞ。

ちょっと焦ったが、すぐに昨日の記憶が蘇ってきた。

あの後、気づいたら寝ていたようだ。

お陰様で、目覚めはバッチリだ。

お出かけ2日目。

今日も精力的に活動していくぞ。

* * * * * * * * * * * *

今日は、海に来たぞ。

目的は<シーカヤック>なる船に乗ることだ。

山の次は海か。

大自然を満喫している感じがいいね。

早速、ボートを選ぶ。

これがいいな!!

ハピラキ星人の赤!!!

海面の青に映えて、いい感じだと思うだろ?

そうと決まれば、早速乗り込んでみる。

シーカヤックとは、足を前方に出すようにして座り、

両端がブレードになっているパドルで漕ぐみたいだな。

よし、足を前方に出して座るんだな。わかった。

前方に………

くっ……届かねぇ…だと……!!!

* * * * * * * * * * * *

……結局、同行者の膝に乗せてもらったぞ。

まずはここから無人島を目指していく。

海面に出ると、懐かしいような不思議な揺れを感じる。

たとえるなら……そうだな。

宇宙船に乗っている時に、

磁場の強い惑星にうっかり近づいてしまったような、あの感じだ。

……え?わからねぇって?

そうか。なら、エレベーターの中でスクワットをしてみてくれ。

あんな感じだ。

試してみるのは自由だが、途中階で止まらないように祈っとけよ。

あれ、途中で人が乗ってくるとお互いにかなり気まずいからな。

……話が反れたな。

今日は波が穏やかで、絶好のシーカヤック日和らしい。

吹き抜けていく海風が気持ちいい。

そのまましばらく乗っていると、無人島に着いたぞ。

上陸もできるが、砂浜にはウニがうようよといた。

足元注意だ。

ははーん。さては無人島と見せかけて、忍者が住んでいるんだな?

あれだろ?外敵が島に侵入しないように、

浜辺にウニをばらまいているんだろ?

この島の重大な秘密に気づいちまったぜ……。

さて。

ここでもう少しのんびりしたい所だったが、

一息ついたらもう戻るという。

どうやら大人の事情とやらで、1時間半以内に

最初の場所に戻らなければならないらしい。

いつの間にレースに参加してたのか……。

後半は若干のペースダウンをしつつも、無事にスタート地点まで

戻ってくることができたぞ。

思いのほか、パドルを漕ぐのが辛いらしい。

そりゃそうだよな。ここまで乗せてくれてありがとな。

こんな感じで、2日間を満喫することができたのだが……

別れ際、同行者よりいただいた言葉が印象的だった。

「ハピラキ星人の写真を必死で撮っているおじさん。

周りの人と、娘の視線が冷たかった……。」

お…おう………。

なんか悪かったな……。

でもお陰様でいい記念になったぜ。

またどこかに連れてってくれよな。

そして娘さんにもよろしくな。

それじゃあな。

* * * * * * * * * * * *

ゆるキャラ人気ブログランキング参戦中!

ハピラキ星人の現在の順位は!!?

クリックして確認しよう♪

ゆるキャラランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
トップへ戻る